ホーム

引越し料金・見積もりを安くする荷造りのコツ

読了までの目安時間:約 2分

やはり引越し料金を安くする手段としては、荷物の量をできるだけ減らすことが鍵になってきますので、1つ1つチェックしていきたいと思います。

衣類をまとめる

服をいちいちダンボールにつめると、当たり前ですが、引越し後に必要なくなるダンボールが増えてしまいます。また、あとでダンボールから取り出すのも面倒ではないでしょうか?そこで、大きさにもよりますが、引出ごと大きめの袋に包んでおくと、出すときもとても便利です。ちなみに私のケースでは、100円均一ショップで大きめの手提げ袋を購入して、そこに衣類を詰めて舗媚びました。

布団のたたみ方

布団は布団袋に入れて運ぶのが一番いいと思いますが、その際に、布団を積み重ねてから布団袋をかぶせるのがいいようです。また、引越し先にもよりますが、引越し先のクリーニング屋さんにクリーニングを事前に出しておくのもいいかもしれません。その際は、引越し当日に取りに行けるか、当日使う布団は引越しの際に運ぶのが前提になります。

引越しはモノを減らすチャンス♪

単身かご家族の引越しにもよりますが、引越しの際に不要なものもたくさん出てくると思います。こういう不要なものを捨てることで、運気的なものも上がるような気がしています。もちろん不要なものですが、まだまだ使えるものはネットオークションにだしたり、リサイクルに出したり、知り合いにあげるのもいいかもしれません。

引越し料金を安くするには?

読了までの目安時間:約 3分

引越しをする場合は、ご自身でおこなうか、それとも引越し屋さんに任せるかのどちらかになると思います。そこでまずは、ご自身で引越しをするケースについてみていきます。

イメージ的には、ご自身で作業した方がだいぶ安くなりそうな気がしますよね?その場合、レンタカーもしくは軽トラなどを借ります。その次に友人や助っ人などに頼む方法が一般的です。

しかし、慣れない軽トラなどの運転でレンタカーに傷をつけてしまったり、荷物も運んでいる途中で落としてしまう可能性もあります。また、手伝ってもらったお礼になにかをおごったり・謝礼をするケースもあるのではないでしょうか?このように考えますと、引越し料金自体もそんなに安くはならないですし、引越しの際の怪我や荷物の安全も気になるところです。

ただ料金のみにピックアップしますと、周りからもともとケチな人だと思われていれば、そばやラーメンくらいおごればいいですので、引越し屋さんに頼むよりも安くなるのは間違いありません。なぜなら、わたしの知り合いでケチな人がいまして、安いそばをおごってもらっただけでしたので・・・

実は引越し屋さんにお願いした方が総合的に楽で・安く済むことも考えられます。なぜなら、手伝ってもらう人のスケジュールも合わせないといけないですし、謝礼を渡すケースがほとんどだと思うからです。しかし、学生のころはお金もあまりないと思いますので、やはり手伝ってもらうケースも少なくないと思います。

その一方で、引越し会社のプランを見ていきますと、単身者用の引越しパックがあったり、ミニ引越しプランなどもありますので、引越しをする規模間などでも、どちらがお得か異なってきます。

さて、ここで引越し屋さんにお願いするケースについてみていきます。はじめに、引越し料金の相場をつかむために、見積もりをとると思います。

もちろん、1社からだけですと、相場が分かりませんので、数社から見積もりをとる必要があります。

なぜなら、国交省の指導により、運送料金はほとんど同じような料金体系になっていますが、人件費や梱包代、ダンボールなどのオプション費用で、かなり差が出てくると言われているからです。

またネット上で各引っ越し屋さんの口コミをチェックしてみても、かならずいい点・悪かった点がありますので、参考程度でいいかもしれません。また、ご家族での引越しの場合は、料金だけでなく・しっかりしている業者か確かめるのも大切です。なぜなら、思い出の品や中には高価な家具・家電がある場合もありますので、傷をつけて欲しくないからです。

もちろん、ネットだけ・電話だけの見積もりでは、当日追加料金がかかってしまうケースもありますので、事前に自宅まで足を運んでもらって・正確なみつもりをとっておく必要があります。

引越し業者を比べるための口コミ

読了までの目安時間:約 2分

口コミは利用者が実際に利用した時の感想などをリアルに記載する「評判」のことです。

インターネットで検索をすればいまやどの業界の口コミもたくさんあり、消費者目線での実態を知ることができるのでとても参考になります。

引っ越し業者を選ぶときも、費用を安く抑えたいですしサービスにも安心できる業者を選びたいものです。

口コミへの内容から、引越し業者を比べるときのポイントをまとめてみます。

まず、価格の値引き状況について。見積もり時にお客様のイメージに近い価格まで下げようとしてくれる営業マンの姿勢に満足している利用者も多ければ、他者の悪口で自社を自賛しておき値段を下げないといったような営業マンもいるようです。

そして、重要な二点としては家具の扱い方、スタッフの対応でしょう。これによって評価が二分されると言っても過言ではないようです。

業者によっては家具を壊された、新居に傷をつけられたといった声もあります。当然、スタッフが家具を煩雑に扱うところを見ると、気分はよくないものです。

スタッフの様子はすべてお客様に見えているものです。初めての人ほど、挨拶、丁寧さ、親切さなど、口コミを見て安心できる業者を選ぶ傾向があります。
何もトラブルなく運搬を終え、新居での生活を気持ちよくスタートさせたいものですよね。

付加的に満足のいくサービスには、無料サービスがあるでしょう。

引越し終了後になんでもお願いを聞いてくれるサービスや、段ボールや衣服ハンガーの宅配、ハガキやお米などのサービスです。

こうした工夫があちこちの業者に存在しますので、良いところ悪いところを比較しながら満足度の高い引っ越し業者に巡り合えるよう、口コミを活用してみましょう。

単身パックのポイント

読了までの目安時間:約 3分

引っ越し業者には「単身パック」というサービスがあります。一人暮らしや一部の家具のみの輸送など、陸上交通だけでなく海運なども使って遠距離まで対応可能です。

単身パックは、運搬荷物が単身パック用のカートに入るサイズというのが原則の条件です。

この平均的な量は、小さいサイズで横110cm、奥行き70cm、高さ150cmくらいの大きさが一般的でしょう。ワンサイズ大きいタイプとなると、奥行き100㎝、高さ170㎝にサイズアップするくらいです。一概には言えませんが、このサイズが1ボックスで17,000~20,000円くらいが相場と言えるでしょう。

ただし、通常の引越しよりも運搬量が少ないとはいえ、距離によって料金は変わってきます。また、シーズンによっても料金が違ってくることをまず念頭に置いておきましょう。

例えば、都内から都内といった近距離での運送は、引越しの閑散期では1万~2万円で済んでしまいます。

閑散期ならば東北でも3万円程度、北海道でも4万円程度が相場と言いますから、繁忙期と比べると数万円も差が出ます。

繁忙期は3万円くらいの上乗せになりますので、引っ越しシーズンを避けたほうがいいのは言うまでもありません。

しかし学生の入学卒業シーズンのように、決まった引っ越し時期がない独身会社員の転勤や海外赴任もイレギュラーに発生するでしょう。

そうした場合は会社が費用を負担することも多いのですが、土日を使って引っ越しをしなければならないことや、急な転勤で10日後には引っ越し…といったことも無きにしも非ずです。

そんな状況になったら、まず引っ越し業者に連絡しましょう。スケジュールが空いていれば、2日前でも前日でも受け付けてくれます。

特に急いでいるときには単身パック用の一括見積もりが役に立ちますので、新居が決まっていなくても地域だけを伝えて概算を出してもらうほうが先です。

学割を活用してお得な新生活を

読了までの目安時間:約 2分

毎年多くの学生が大学進学と同時に家元を離れ、新しい土地で一人暮らしなどの新生活を始めます。

その引越シーズンの一回目は、推薦入学で進学先が決まる秋頃。

そしてピークは私立大学の合格発表が相次ぐ2月後半から、国公立大学の結果がわかる3月中旬です。

こうした繁忙期は早めの行動で引っ越し業者を決めなければ、希望の日程に引っ越しすることが難しくなってしまいます。

だいたいでよいので引越す地域と期間が決まったら、業者に相談して日程を確保しておくことが望ましいでしょう。

学生マンションに引っ越す場合、そのままパックとなって引っ越し業者も同時に予約できるシステムもありますので、地方紙や進学情報誌、各種広告を見逃さないでおきましょう。

この時期、多くの学生が経験することになる始めての一人暮らし。これからの新生活には学費や食費、生活費や交際費など、何かとお金がかかります。

そのため、始めの一歩である引っ越しでも節約は意識したいもの。

学生の引っ越しのための「学割」や、まだ家具が少ない一人暮らしのための「ミニ引越」など、新生活応援の低価格引越パックを多くの引っ越し業者が用意しています。

学割は、最大50%の割引になるところも。こうしたパックは学生にしか利用できない特別なパックなので、学生ならば是非とも利用したいものです。

価格を安くおさえ賢く引っ越しをする方法を学ぶ機会にもなりますので、多くの業者について情報収集を行い比較検討したうえで、もっとも納得のいく引っ越しにしてくださいね。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報